スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | コメント(-)

島根旅行1日目・八重垣神社♪  


12時半に八重垣神社に到着、お腹が空いたので隣のお店で昼食と思ったけど、混んでいるので先に参拝することにしました。
20130503 088

ここは素戔嗚尊と奇稲田姫命をお祀りしています。
左上の御本殿内の壁画は神社界日本最古のもので、現在は宝物館で保管されているそうですが、知らなかったので見学しませんでした。
いつも旅行の時はしっかり下調べをして行く私ですが、今回は伊勢神宮の参拝に行ったばかりで、大量の写真をPCに取り込んだり、ブログをアップしたりと忙しかったし、直前になって須我神社と八重垣神社も廻ることにしたので、あまり下調べが出来なかったんですよね(^∇^;)
20130503 089

こちらが拝殿です。
20130503 090

横から見ると、御本殿の屋根が見えます。
20130503 091

ご本殿左側の貴布禰神社と手摩乳神社です。
右側には脚摩乳神社と伊勢宮があったみたいですが、気が付きませんでした(^∇^;)
20130503 105

ここにも素戔嗚尊が詠まれた和歌が刻まれていました。
この和歌にちなんで八重垣神社と名付けられたそうです。
20130503 104

夫婦椿乙女椿と山神社です。
根元が二股に別れているのがわかりますか?
20130503 092

一度境内を出て駐車場の横を通り、奥の院に向かいます。
20130503 093

ここは素戔嗚尊と奇稲田姫命が結婚生活を始めた場所ということで、古代結婚式発祥の地とされています。
20130503 101

奥の院の入口です。
20130503 102 こちらは夫婦椿子宝椿です。
夫婦椿は全部で3つ、一ノ鳥居前にもあったのですが、写真を取り忘れちゃいました(^∇^;)
20130503 099

佐久佐女の森、素戔嗚尊がヤマタノオロチ退治に行っている間、この森に奇稲田姫命をお隠しになったそうです。
奥に見えるのが御神木の夫婦杉です。
20130503 098

ここが縁結び占いで有名な鏡の池、奇稲田姫命が隠れている間、この池を鏡代わりにしていたそうです。
20130503 094

鏡の池の奥にあるのが天鏡社、奇稲田姫命をお祀りしています。
20130503 097

占い用紙にお金を乗せて、早く沈めば良縁が早く、遅ければ縁が遅いということらしいです。
20130503 096

若い女性がいっぱい、おばちゃんの私は見学だけにしておきました(^∇^;)
20130503 095

ご朱印をいただき、13時半にやっと昼食タイム、縁結びそばをいただきました。
太い麺の『スサノオ蕎麦』と細い麺の『クシナダヒメ蕎麦』が交互に4段重ねになっています。
20130503 108

食後のデザートに縁結びコーヒーとケーキセットをいただきました(*^m^*)
抹茶バターケーキとゴールドカステラを半分こ、どちらもおいしかったです~♪
20130503 109

13時50分に八重垣神社を出発、14時過ぎに宍道湖SAに到着しました。
20130503 113

今回最初のご当地ソフトは、西条柿を使用した夕日ソフトです。
20130503 127

14時45分に宍道湖SAを出発、本日最後の予定地の須佐神社へ向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2013/05/03 ] 旅行 | | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。