スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | コメント(-)

島根旅行1日目・須我神社♪ 


熊野大社から20分程で須我神社に到着、ブログを書く時に調べて知ったんだけど、一ノ鳥居は道路沿いのまだ先にあったみたいです(≧∇≦;)
20130503 048

こちらが二ノ鳥居です。
20130503 049

ここは素戔嗚尊と奇稲田姫命、ふたりの子供の清之湯山主三名狭漏彦八島野命をお祀りしています。
20130503 052

ヤマタノオロチを退治した素戔嗚尊が、奇稲田姫命とともに初めての宮殿を造った日本初之宮です。
20130503 051

建て替えられたばかりなのか、まだ新しい綺麗な随神門です。
20130503 053

こちらが拝殿、この奥に御本殿があります。
20130503 058

ここは和歌発祥の地でもあり、こちらが素戔嗚尊が詠まれた和歌です。
「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる その八重垣を」、この歌から出雲という国名がついたそうです。
20130503 057

左から海潮神社、弁護荒神社、若宮神社、御仮殿です。
20130503 055

御親神社、社日神社、義綱神社の参道入り口、時間の都合でこの上には行きませんでした。
20130503 054

ご朱印をいただいた時に「奥宮へも詣られましたか?」と聞かれ、本当は朝の渋滞で時間が遅れているので、やめるつもりだったんだけど、せっかくだしということで行くことにしました。
20130503 050 最初は歩いて行きかけたんだけど、2㎞ということは往復1時間近く、そんなはずはなかったけどな~と思って、予定表で確認すると登山口の近くまで車で行けることを忘れていました(^∇^;)
20130503 060

この写真が夫婦岩です。
20130503 059

登山口からさらに400m、最初から歩いていたら大変なことになっていました~(^∇^;)
20130503 062

八重山文学碑の径ということで、和歌を刻んだ石があちこちにありました。
20130503-04.jpg

階段ばかりで途中でしんどくなってしまった私に、上から降りてきたおじさんが杖を貸してくださいました。
登山口にあったとか、降りてから確認すると「足腰の友に杖を↓」と書いてありました(^∇^;)
20130503 085

みそぎ場があったので、あと少しと思ったらまだ半分しか来ていませんでした。
20130503 070

夫婦岩まであと200mです。
20130503 074

鳥居があるのでもう少しかな?
20130503 075

と思ったら、あんな上まで登らないといけないみたいです(≧∇≦;)
20130503 078

夫婦岩になんとか到着しました~(*^∇^*)v
真ん中が素戔嗚尊、左が奇稲田姫命、右が清之湯山主三名狭漏彦八島野命だそうです。
20130503 080

帰りは下り、こっちの方が結構しんどいですよね~(*T_T*)
この階段を気に入ったうちの旦那、もう1往復したいと言ってましたw(*゜o゜*)w
20130503 082

私は杖のおかげで、なんとか無事に登山口まで降りることが出来ました~(^∇^;)
20130503 083

12時頃に奥宮を出発、この時点で予定より30分の遅れ、次は八重垣神社へ向かいます。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2013/05/03 ] 旅行 | | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。