スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | コメント(-)

日帰りバスツアー・伊勢神宮(内宮)  


14時10分、伊勢神宮の内宮に到着、正式名称は皇大神宮(こうたいじんぐう)です。
内宮も「ないぐう」ではなく、「ないくう」と読みます。
人がいっぱいで左側の案内板に気付かず、写真を撮り忘れてしまいました(^∇^;)
20130105 066

宇治橋は右側通行、こちらは平成21年に架け替えられています。
昭和24年の第59回式年遷宮が戦争で遅れた際に、せめて宇治橋だけでもと架け替えられたので、それ以降、式年遷宮の4年前に架け替えられているそうです。
20130105 067

橋の下には流木から橋を守る木除杭があります。
20130105 068

宇治橋の両側の大鳥居は旧御正殿の棟持柱が使われています。
内側の鳥居は内宮の棟持柱、外側の鳥居は外宮の棟持柱だそうです。
さらに20年後に、内側の鳥居は鈴鹿峠の関の追分けの鳥居、外側の鳥居は桑名の七里の渡しの鳥居に使われるということで、合計60年間、御用材としての努めを果たすそうです。
20130105 070

火除橋を渡ると、右側に手水舎があります。
本当は五十鈴川御手洗場でお清めをしたかったのですが、時間の都合でこちらでさせていただきました。
奥に見えるのが一の鳥居です。
20130105 071

二の鳥居が見えてきました。
20130105 072

こちらが現在の御正宮、御祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)、約2000年前に鎮座されたそうです。
天照大御神は皇室の御祖先の神で日本人の総氏神、命を育む神様とも言われています。
中央(鳥居をくぐる)での参拝は1時間待ち、お急ぎの方は右側(鳥居をくぐらない)からと警備の人が案内していたけど、前日のツイッター情報では実際には30分待ち程度とあったし、せっかくなので中央に並びました。
20130105 075

そういえば、警備の人はお急ぎの方は右側からと案内していたのに、アナウンスでは左右両側からと流れていました。
でも左側の扉は閉まっているので、結局中央に横入りする状態になり、警備の人に怒鳴っていたおじさんがいました(^∇^;)
20130105 076

こちらが新御敷地、屋根の千木が見えています。
この千木の先端、内宮は水平の内削ぎ、外宮は垂直の外削ぎと違うそうです。
20130105 077

巨大な大木に人が集まっていましたが、パワースポットブームの影響でしょうか?
ブームの影響で木の皮を剥いだり、注連縄の中に入って石に触ったりと、マナーの悪い人が増えて困っているそうです。
20130105 079 次は第一別宮の荒祭宮、天照大御神の荒御霊をお祀りしています。
こちらも御正宮と同時に新しくなります。
20130105 080

風日祈宮橋を渡り、風日祈宮へ向かいます。
20130105 083

風日祈宮の御祭神は級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)です。
鎌倉時代の元寇の時、神風を吹かせて日本を守ったとされる風の神様です。
20130105 084

神楽殿です。
20130105 082

内宮でも御神酒をいただきました。
20130105 087

甘酒もいただきましたが、私はちょっと苦手でした(^∇^;)
御神酒と甘酒は1月7日まで、三が日は大混雑だし、ちょうどいい日に参拝出来て良かったです。
20130105 088

宇治橋に戻ってきたのが15時半、集合時間まであと1時間、最後にお土産の赤福を買いに行きます。
おはらい町は混雑しているので、帰りも五十鈴川沿いの裏道を通りました。
20130105 094

赤福本店はまだ並んでいたので、駐車場に戻る途中にあった仮設のテントで赤福を購入、隣で赤福ぜんざいを食べようと思ったら、違うお店だったので、急いで五十鈴川店へ向かいました。
ここはおはらい町から少し離れているので、空いています。
20130105 096

こちらが赤福ぜんざい500円、冬季限定です。
夏季限定の赤福氷は以前食べたし、あとは朔日餅を食べてみたいですね~
ちなみに朔日餅は大阪の百貨店でも予約販売しているそうですよ。
20130105 097

集合時間15分前にバスに戻ったら、もうほとんどの人が戻っていてびっくりしましたw(*゜o゜*)w
16時25分、内宮を出発、最後に海産物店に立ち寄ったけど、私は降りずにバスの中で寝てました(-_-) zzz
行きに立ち寄ったドライブインに帰りも立ち寄ったので、夕食用にお弁当を1個だけ購入、今日は食べすぎなので、バスの中で旦那と半分こです。
20130105 108

20時頃、枚方に到着、旦那の実家に預けているふたりを迎えに行きました。
私の予想どおり、リッキーはお父さん、キャンディはお母さんにべったりくっついていたとか、居場所のなくなった実家のもくちゃんが一番迷惑していたみたいです(^∇^;)
こちらが伊勢神宮でいただいた開運鈴御守、外宮は勾玉型、内宮は袋型です。
20130105-3.jpg

今回、初めて伊勢神宮に参拝するので、BSで元旦と前日にやっていた特別番組や、前日に発売されたHanakoでしっかり予習してから行きました。
伊勢神宮というと内宮外宮のことだと思っていたけど、2つの御正宮、14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社の合計125社の総称で、正式名称は「神宮」だそうです。
知っているようで知らなかった参拝の作法も、この年になってやっとちゃんと出来ました(^∇^;)
今回はバスツアーでゆっくり廻ることが出来なかったけど、次は車で行って、もっとじっくりと廻りたいですね。
初めての伊勢神宮、神域に足を踏み入れただけで清々しい気持ちになり、いつまでもここにいたいと思いました。
伊勢神宮が日本人の心のふるさとと言われるのがわかったような気がします。
明日は地元の氏神様(産土神様)に伊勢神宮への参拝の報告に行ってきます。
関連記事
スポンサーサイト

[ 2013/01/05 ] ママのお出かけ | | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。