スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | | コメント(-)

宇治十帖スタンプラリー続き 


昼食のあと最初に向かったポイントは「縣神社」、その次は「代官所跡」です。
20111029-1.jpg

次のポイントはJR宇治駅前の「茶壺ポスト」です。
宇治橋商店街に見えるのが中村籐吉本店、京都市内では都路里、宇治ではここが有名です。
本店は中庭のテラス席がワンコOKらしいので、本当はここで昼食の予定だったんですよね~
せっかくなのでデザートだけでもと思ったけど、トラブル発生の為入れませんでした(*T_T*)
20111029-2.jpg

次のポイントは「夢浮橋」です。
20111029 074

紫式部像、宇治十帖の最後がここ夢浮橋だそうです。
20111029 076

宇治橋を渡って、次は京阪宇治駅へ向かいます。
20111029 078

基本コースのスタート地点、「東屋」です。
20111029 079

スタンプポイントは駅前でしたが、石碑は道路沿いにありました。
20111029 084

次のポイントは「椎本」、東屋の石碑からすぐ近くでした。
「手習」のポイントに行く途中の伊藤久右衛門というお店で、お茶のサービスがありました。
中村籐吉はデパートの物産展でよく見かけるから知っていたんだけど、今日はここの紙袋を持っている人が多かったから、宇治ではこちらの方が有名なのかな?
20111029-3.jpg

次のポイントは「厳島神社」と「浮舟」です。
途中のガレージに手作りの子供御輿がありました。
20111029-4.jpg

あじさいの寺として有名な三室戸寺です。
20111029 095 次のポイントは「蜻蛉」と特別ポイントの「宇治市源氏物語ミュージアム」です。
ミュージアムの庭園を通り抜けて、公園で休憩しました。
途中で焼き芋を売っていたので、ふたりにも少しだけお裾分け~(*^m^*)
残りのポイントはあと7カ所、現在3時でゴールは4時半まで、全部廻れるかちょっと微妙です。
20111029-5.jpg

次のポイントは「総角」、ここから大吉山展望台へ登って行くんだけど、片道20分はかかると言われたので諦めて、次のポイントの「宇治上神社」へ向かいました。
20111029-6.jpg

今回初めて知ったけど、ここは平等院と同じ世界遺産だそうです。
帰ってから気が付いたけど、スタンプポイントの写真を撮り忘れていました(≧∇≦;)
20111029 114

次のポイントは「早蕨」と「橋寺」です。
宇治橋を渡って、紫式部像の所に戻ってきたのが3時40分、残るポイントは「橋姫」と「平等院」の2カ所です。
20111029-7.jpg

ゴールは4時半までだけど、スタンプの設置は4時まで、大急ぎで廻ったので、「橋姫」の写真も撮り忘れちゃいました(≧∇≦;)
最後のポイントは「平等院」、なんとか4時までに間に合いました~(*^∇^*)v
20111029 124

今回は入りませんでしたが、ここは建物以外はワンコOKです。
以前のブログはこちら
20111029 128

ゴールはすぐ近くなのでちょっと休憩、中村籐吉の平等院店です。
20111029 129

うじきんソフトのミックスをいただきました。
20111029 130

ゴールは「塔の島」、中の島の喜撰橋のすぐそばにありました。
踏破証明のまゆまろスタンプを押してもらって、参加賞のバッジと抽選会の景品をいただきました。
20111029 134

全部終わったのがちょうど4時半頃、ソフトを食べている時にいろいろ話しかけられて、結局ギリギリになっちゃいました~(^∇^;)
20111029 135

午後からはほとんど抱っこして歩いたんだけど、旦那はキャンディ(2.4㎏)、私はリッキー(3.5㎏)、1㎏の差は結構大きいので肩が凝りました~
健脚コース12㎞、1カ所廻れなかったけど、同じ道を何度か通ったので、結局12㎞歩いたことになりました。
以前月ヶ瀬梅林を見に行った時が約10㎞、今日はそれ以上歩いたので、明日は絶対筋肉痛になりそうです~(≧∇≦;)
20111029 140

参加賞のバッジと抽選会の景品です。
私はたぶん最下位の絵ハガキ、旦那はひとつ上のあぶらとり紙でした。
スタンプラリー帳、こうして見ると1カ所だけ押せなかったのが残念です~(*T_T*)
20111029-8.jpg
関連記事
スポンサーサイト

[ 2011/10/29 ] お出かけ(京都) | | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。